面接 この会社でやりたいことという質問への答え

yjimage (1)

解答は章立てをして簡潔に
Why should we hire you? に対しては、自分の美点や長所を箇条書き風に並べて答えていきます。ひとつずつ指で数えてみせるというアピール方法もあるでしょう。

・I’m always punctual, rarely take time off, and always come well-prepared and ready to go.

これは、「私は几帳面で勤勉だ」ということをまとめて畳みかけています。I’m always punctualだけでは弱いので「滅多に休まないしいつでも用意周到、準備万端」と言葉をかぶせてアピールしています。日本語だとちょっと赤面してしまいますね。

・I can grasp the point of the issue quickly

(私は物事の本質を素早くつかめます=カンがよく冴えています)

日本では「地頭がよい」という表現がよく使われますが、英語ではこのような言い方がポピュラーです。同様の意味でI’m a quick learner.(私は学習能力が高い)という言い回しもあります。

・I’m very confident that I can be a success with this company.

(私はこの会社で成功できると完全に確信しています)

confidentはただでさえ強い表現ですが、そこにveryを重ねてさらに強調しています。英語には程度の違う類義語が多く、その中で一番強いボキャブラリーを使った後にさらに強めたい時にはveryを使います。特に口語ではよく見かけます。

英語の自己PRとは要するに選挙演説か商品コマーシャルのようなもの。「遠慮せず徹底的に自分という商品を売り込め」ということに尽きるのです。

 

 

面接 この会社でやりたいことという質問への答え

ダウンロード (2)

この会社でやりたいことは?
一般的な日本企業の面接では、「あなたは当社でどんな仕事をしたいですか?」という質問が必ずありますが、実はアメリカや日本の外資系企業ではあまりこうした質問は一般的ではありません。(ただし後述するような違う形の質問で、結局は同じことを答えることになります)

なお、明確なビジネスプランやビジョン、アイディアがある人はレジュメを提出する際にプランニングシートとして添付しておいた方が確実に検討してもらえます。面接の際にはそれを簡潔かつ魅力的に補足説明しましょう。

なんで雇わなきゃなんないの?
アメリカの企業や日本の外資系企業の採用面接で一番ポピュラーな質問は、

・Why should we hire you?

というものです。

直訳すると「なんであなたを雇わなきゃならないの?」です。

もし日本企業の新卒の面接で面接官からいきなりこう言われたら、泣いて帰ってしまう学生もいるかもしれません。しかしビジネス英語ではこうしたズケズケとした表現がむしろ一般的です。

これを意訳すると「あなたを雇うことによって、当社にどのようなメリットがあるのか説明してください=自己PRをどうぞ」ということです。「論理的に説明できる」ということがポイントですから、ひるまず対応しましょう。

 

面接での志望動機 外資系企業で

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-3

Good morning!
ビジネス英語ではGood morningやGood afternoon、Good eveningを使います。HelloやHiは一般的ではあってもビジネスの場にふさわしくありません。

自己紹介では積極的に売り込む
自分の経歴や成功体験、能力や実績を自己紹介する場合、日本では謙遜するのが一般的ですが、英語では誇りを持って堂々と述べることが大切です。誇大 表現はいけませんが、簡潔明瞭に自信をアピールする必要があります。レジュメに記載していることでも、面接者は「どの程度自信があるのか、自分の口で自己 紹介させてみよう」と考えることが多いようです。

Why do you want this job?
「なぜこの仕事がしたいのか?」「なぜ当社で働きたいのか?」という質問は日本でも必ずされますが、Why do you want this job?やWhy do you want to work in us?という質問にはどう答えるべきでしょうか。

Actually, I have three reasons. Firstly,~

Secondly,~

Finally,~

最初に「なぜなら3つの(いくつかの)理由がある」という宣言をしてから、「まず最初に…」「第2に…」「最後に…」「だから私はこの 仕事がしたい」という明確な結論に帰納しなくてはなりません。面接官は理由だけでなくあなたの「論理的思考」をチェックしています。理由は3つとは限りま せんが、3つ程度が適切でしょう。

面接での志望動機 外資系企業で

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

最近は純粋な日本企業であっても「上司が外国人」あるいは「社内公用語が英語」というところは珍しくありません。今後は英語による面接も増えてゆくでしょう。となると用意する履歴書も英文レジュメになり、面接も英語ということになります。

ここではわかりやすく「外資系企業の面接を受ける」という設定で注意点を指摘してゆきます。第一回目は「あいさつ~志望動機を説明する」です。

相手の目を見てしっかりと握手する
面接では第一印象が大切。外資系では、最初のあいさつの際にかなり近い距離で正面から相手の目を見て笑顔を見せることが重要です。そして握手です が、Firm handshakeという言葉どおりしっかりと相手の手を握りましょう。握手には「自分の決意と情熱を相手に伝える」という意味があります。弱々しい握手 はそれだけで落とされる理由になるのです。

宣誓と誓約
日本語で「私は〇〇します」「それは●●です」と断言するシーンはかなり限られます。相当の確信があっても「~ではないでしょうか」「~だと思いま す」「~できればと思います」という表現が柔らかくて好まれますが、英語ではI think I will be able to~は「多分私でもできると思うんですけれど…(でも自信はありませんけど)」といった弱気な発言に受け止められます。

たとえハッタリであってもI am confident I will be able to~(私にはできると確信しています)を使いましょう。

「ええと…」はNG
英語ではwell…ですが、日本語の「ええと…」はアメリカ人にとってはかなり耳障りなようです。なお、一般的にはアメリカではuhやum、イギリスではerやermを使うことが多く、つまり「アー…」あたりでごまかしておいた方が無難のようです。

Good morning!
ビジネス英語ではGood morningやGood afternoon、Good eveningを使います。HelloやHiは一般的ではあってもビジネスの場にふさわしくありません。

自己紹介では積極的に売り込む
自分の経歴や成功体験、能力や実績を自己紹介する場合、日本では謙遜するのが一般的ですが、英語では誇りを持って堂々と述べることが大切です。誇大 表現はいけませんが、簡潔明瞭に自信をアピールする必要があります。レジュメに記載していることでも、面接者は「どの程度自信があるのか、自分の口で自己 紹介させてみよう」と考えることが多いようです。

Why do you want this job?
「なぜこの仕事がしたいのか?」「なぜ当社で働きたいのか?」という質問は日本でも必ずされますが、Why do you want this job?やWhy do you want to work in us?という質問にはどう答えるべきでしょうか。

Actually, I have three reasons. Firstly,~

Secondly,~

Finally,~

最初に「なぜなら3つの(いくつかの)理由がある」という宣言をしてから、「まず最初に…」「第2に…」「最後に…」「だから私はこの 仕事がしたい」という明確な結論に帰納しなくてはなりません。面接官は理由だけでなくあなたの「論理的思考」をチェックしています。理由は3つとは限りま せんが、3つ程度が適切でしょう。

議事録(Minutes)の書き方

images (4)

挨拶から商談までの実践基礎ビジネス英会話
入国管理局の統計によれば平成24年の外国人入国数は917万人。

これは前年比204万人という大幅な伸びで、1年間に来日する外国人が1,000万人を突破するのも秒読み段階となってきています。

一方、日本人の出国者数は1,849万人。

日本人の1割以上が年に1回以上海外に出ていると考えると(実際は何往復もする人が多いのだろうとは思いますが)、いよいよ英語も本格的に必須化してきたと言えるようです。

そこで、もし仮に英語圏の外人(英語が公用語のアジア諸国を含む)がオフィスを訪問してきたら、どのように対応すればよいかについていくつかビジネス英語の例をあげましょう。

英語でのあいさつ
ビジネス英語の自己紹介は、フルネーム+会社名(所属団体名)が基本です。

◆Good afternoon. I’m Ieyasu Tokugawa from Edo Company.

「Good morning」「Good afternoon.」などで始まり、I’m~で自分のフルネームを伝えます。日本人はMy name is~を使いたがりますが、I’m~がスタンダードです。

◆Thank you for taking the time out of you busy schedule to see us.

◇.It’s my pleasure.

「お忙しいところお時間を頂きまして…」「どういたしまして」というやりとりは日本と同様です。互いに名乗り合った後、初対面の同行者がいる場合は相手に紹介しなくてはなりません。

◆This is our section manager, Ms. Sena. (わが社のセクションマネージャーの瀬名です)

◇How do you do?

ビジネス英語ですので、少々格式ばった挨拶が無難でしょう。

なお、社内の人間や身内を紹介する場合はThis is~でサラッと流しますが、社外の人を紹介するとなるとキチンとしたマナーが要求されます。

 

外国人が会社を訪れたら

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-3

挨拶から商談までの実践基礎ビジネス英会話
入国管理局の統計によれば平成24年の外国人入国数は917万人。

これは前年比204万人という大幅な伸びで、1年間に来日する外国人が1,000万人を突破するのも秒読み段階となってきています。

一方、日本人の出国者数は1,849万人。

日本人の1割以上が年に1回以上海外に出ていると考えると(実際は何往復もする人が多いのだろうとは思いますが)、いよいよ英語も本格的に必須化してきたと言えるようです。

そこで、もし仮に英語圏の外人(英語が公用語のアジア諸国を含む)がオフィスを訪問してきたら、どのように対応すればよいかについていくつかビジネス英語の例をあげましょう。

英語でのあいさつ
ビジネス英語の自己紹介は、フルネーム+会社名(所属団体名)が基本です。

◆Good afternoon. I’m Ieyasu Tokugawa from Edo Company.

「Good morning」「Good afternoon.」などで始まり、I’m~で自分のフルネームを伝えます。日本人はMy name is~を使いたがりますが、I’m~がスタンダードです。

◆Thank you for taking the time out of you busy schedule to see us.

◇.It’s my pleasure.

「お忙しいところお時間を頂きまして…」「どういたしまして」というやりとりは日本と同様です。互いに名乗り合った後、初対面の同行者がいる場合は相手に紹介しなくてはなりません。

◆This is our section manager, Ms. Sena. (わが社のセクションマネージャーの瀬名です)

◇How do you do?

ビジネス英語ですので、少々格式ばった挨拶が無難でしょう。

なお、社内の人間や身内を紹介する場合はThis is~でサラッと流しますが、社外の人を紹介するとなるとキチンとしたマナーが要求されます。

ビジネス上の基本マナー

ダウンロード (11)

感情の抑揚がない
英語は、言葉だけで感情を表現する言語ではありません。

いくら言葉で「Great!」と言っても、表情や言葉にそれが現れていなくては嘘だと思われます。

何かを褒める時は目を見開き、ジェスチャーを交え声を1オクターブ高くするぐらいのオーバーアクションを添えて、やっと英語の褒め言葉になるのだと思ってください。

無意味に笑っている
アメリカ人向けに書かれた「日本でのビジネスマナー」の本には「日本人は困惑している時にも笑う」という注意が書かれています。

(何か言わなくては いけないけれど適切な英語が思いつかない)などの理由でニコニコして黙っていることが、どれだけアメリカ人を困らせてきたかよくわかります。

腕組みをする
日本人は考え事をする際、胸の前で腕組みをする習慣があります。

これは、アメリカ人には「敵対の意思表示」と受け止められますので絶対にやめておきましょう。

注意・叱責をする際の注意
外国人の部下に注意や叱責をする場合、その国の文化や習慣を知らないと大きなトラブルの原因になることがよくありますが、アメリカ人の場合はあきらかなミスを指摘して注意している際にも、平気で話の途中で反論をしてきます。

これは決して「自己主張の塊」とか「論理武装」といったことではなく、また反省していないというわけでもなく、「どんなシチュエーションであっても反論すべきことは即時に反論する」というアメリカ人の習慣に従っていることを理解してください。

もちろん、その反論が間違っていれば論理的に説明するべきです。

酔っぱらう
アメリカ人は体質的に日本人よりアルコールに強いという理由もありますが、基本的に日本以外の国では「とことん酔っぱらって互いの本音をぶちまけあうことで打ち解ける」というコミュニケーション手段はありません。(ロシアなど大量飲酒する習慣がある国でも『いかに大量に飲んでも自分は泥酔しないか』 が美徳です)

そもそも公の場で、酔っぱらうほど酒を飲むのは非常識だと見なされます。

ちなみに、アメリカはもともと身分の上下がありませんから「無礼講」にあたる概念もありません。

ホンネとタテマエ
昔の国際ビジネスでは「日本人にはホンネとタテマエがある」とよく非難されたものですが、本当の意味のホンネとタテマエの使い分けはアメリカ人の方がはるかに上です。

アメリカ人のビジネス上のタテマエというのは「自分は快活かつ魅力的で友好的な好人物である」ということを装うのが義務になっているという点です。

「アメリカ人には好人物が多い」というのは完全な錯覚です。

英語でのビジネスにおける交渉

yjimage (1)

なんとかします
・I don’t see why not. (出来なくはない→なんとかしましょう)

この表現は、「容易ではないけれどあなたの条件を飲みましょう」というニュアンスで使う肯定の意思表示です。

「たぶん何とかなると思います」といっ た無責任な意味ではなく、こう言った後に「本社に問い合わせたらやっぱりダメでした」というようなことでは交渉は決裂すると思ってください。

こういったシーンでの慣用句ですから覚えておくと便利かもしれません。

・We can definitely work out a good per-unit price.(ご満足いただける単価の提示をお約束しますよ)

definitelyはビジネス英語は「確実に=確約する」という重要な意味を持っています。

ただしここではgood per-unit price.(満足できる単価)をwork out(算出)する、つまりはじき出すということしか約束していない点に注目しましょう。

なんら具体的な期日や数字をdefinitelyしてはいません。これが「交渉」です。

 

英語でのビジネスにおける交渉

yjimage (1)

価格交渉
価格交渉はビジネスでもっとも基本的な交渉でしょう。いわゆる価格の「もみあい」の課程は日本でも外国でもだいたい同様です。

・We would like you to consider an offer of $500 per unit.(単価500ドルでご検討いただきたいのですが)

・Could you be a bit more flexible on the price?(その値段はもうちょっとどうにかなりませんか?)

a bit moreは「もう少し」の定型句です。日本語で言う「もうちょっとだけ色をつけてください」といったニュアンスであればa little bit moreという表現も使えます。

「それではぜんぜんお話にならない」というような場合にこの表現を使うと相手に「妥協点は近い」と誤解されてしまうので注意してください。

・We are ready to offer a 10% discount if you order 10,000 units instead of 7,000.(1万個発注していただければ10%値引きさせていただきます)

be ready to~ は「~の準備ができている」ですが、交渉の場では「~してくれれば~します」という相手の譲歩を引き出す際の交換条件を提示する慣用句として使われます。

 

英語でのビジネスにおける交渉

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-3

ビジネスでは「交渉」が非常に重要になります。

日本人と欧米人とではビジネス交渉について考え方にかなり大きな開きがあり、スムーズな交渉を行うためには単純に言語の問題だけでなく、互いの文化や価値観、慣習の違いなどをよく理解しておく必要があります。

ここでは英語表現に絞って交渉の場でよく使われるキーフレーズをご紹介しましょう。

私たちの立場・主張はこうです。
・This is our position.

こちらの立場や事情、言い分を述べるときにこう切り出します。

英語による交渉では日本型の「腹芸」は通用せず、「自分はこうだ」という明確な意思表示をした後に相手の言い分を聞き、そこから歩み寄って妥協点を探すのがスタンダードです。

ちなみにアーミテージ米国務副長官のShow the flagという有名なセリフがありますが、これは「お前はどっちの味方なんだ?」「自分の立場をハッキリさせろ」といった意味があります。

交渉の場であまり自分の立場を保留していると、相手が苛立って同様の指摘をしてくることがよくあります。