ビジネス英語のマナー  食事

images (2)

ビジネスの場面での食事やパーティーのお話の続きです。

服装・食事マナーに注意が必要です。
パーティー会場へ行く前に、服装がそのパーティーに即しているか

確認しましょう。

友人が主催するカジュアルなパーティーであれば、ジーンズでも構わな

い場合もあります。

しかし会社主催のクリスマスパーティーやビジネス関係のパーティーの

場合は、ジーンズはご法度です。

日本人のサラリーマンであれば、黒か紺のスーツに白色のシャツにネクタイ、

革靴に黒い靴下というのが定番の服装です。

朝の通勤ラッシュやオフィスでよく見かけるスタイルですよね。

みんな同じ格好をした何重何百という人たちが歩く姿をみかけます。

日本にきた外国人がなぜみんな同じ服装をしているのか不思議に思うほどです。

アメリカの場合のお話です。

アメリカの場合では、そのようなスーツをビジネスにおいて着用する仕事は

一部なんですよ。

 

 

銀行マンや証券マンはスーツを着用していますがその他の仕事では

ビジネスマンと言っても、ジャケットとシャツだったり、ジーンズだったり、

ラフな格好をしている人も多いんです。

ニューヨークなど東海岸ではスーツ含めた服装も多いですが、逆に西海岸では

スーツを着ているビジネスマンは少なくなります。

 

服装は自己表現でもあり、自分の職業観、仕事観、仕事のスタイルを表現する

ものです。あまりラフな格好ではいけないかもしれませんが取引先や上司の服

装を見て自分のスタイルを確立するとよいでしょう。

 

アメリカにいても日系企業同士であれば、スーツにネクタイ着用が多くなっています。

日系企業との打ち合わせ時はスーツにネクタイ姿、現地の企業と打ち合

わせの際はネクタイを外す、ズボンを代えるなど、TPOによって服装をつかいわけることも大切です。

 

ビジネス英語のマナー  食事

images (1)

ビジネスの場面で生活をしていると、パーティーや会食などの機会

は多々あるでしょう。

日本では飲み会が交友関係の幅を広げる場であるように、欧米では

パーティーが新しい交友関係を作る場といえます。

ビジネスの場面でも食事やパーティーは交流を深める良い機会です。

特にビジネスはなれて、パーティーが友人を作る絶好のチャンスと

なることもあります。

その一方で、パーティーを苦手とする日本人は多いです。

そこで今回は、海外でのパーティーをそつなく乗り切る術を紹介する。

日本人の多くは自分一人という状況でパーティーに参加すると、

どうしても尻込みしてしまう。その理由の一つは、英語で初対面の

人たちと会話を続けることが非常に難しいためだ。

これは、単純に英語力が不足しているからではなく、異国の地で

は外国人である私たちが、初対面の人たちと共通の話題をみつけ、

会話を展開させていくことが難しいからです。

そこへ追い打ちを掛けるように、自分の英語力への自信のなさもあり、

私は英語が苦手なのでと言い訳をして、絶好のチャンスをのがしてしまう

かもしれません。

ビジネス英語のマナー 初対面

yjimage (4)

初対面の挨拶でイギリス人との挨拶についての話の続きです。

そしてもうひとつ実際的な話としては、イギリス人は批判的な話ぶりがすきです(笑)。

どちらかというと、天気がよくてよいですね、というよりは

お互いに文句を言い合うようなテーマが好きです。

 

例えば、天気が悪くて辟易するとか、雨にうんざりしている、変わりやすい天気で

やってられない、のようなすこし批判的な皮肉っぽい話しぶりなのがイギリス人の特徴です。

今日は天気がよくて気持ちがはれるねというのがアメリカ人なら、ほんと天気がわるくていやだね

というのがイギリス式です。

 

あるいはほかにも同じような話題の選びかたがあります。

例えば電車の遅延などです。

ほんとうにまともにきたことないねと知らない人同士が言い合っていることがあります。

イギリス人は、文句を言い合う、皮肉をいって共通の話題をつくるような習慣があります。

イリス人に話しかけた場合、勿論丁寧に答えてくれる事は多いです。

でもアメリカ人のようにフレンドリーでないことや、話題もできれば個人的な話題はさけること、

また身振り手振りはアメリカ人ほどおおきくありません。

それから、すきな話題は天気と皮肉です(笑)。