ビジネス英会話の心得え 英語でセールスをする場合

yjimage

今回からは、ビジネス英会話の心得についてお話します。

例えば、英語でセールスをする場合の心得です。

現代のセールスマンがもたらす価値

売られる立場になってから初めて気がつくものですが、人は電話でもメールでも「何かを売られている」と感じるととりあえず逃げてしまうのが常。現在はインターネットもあり、いつでも好きなときに何でも買えますからね。呼んでもいないのに突然現れた人からモノを売られても、買いたい気持ちが沸かないどころか、迷惑と感じてしまうのがほとんどでしょう。

海外でも未だに昔ながらの”Cold calling”(勧誘電話)を行っている会社がたくさんありますし、実際にかかってもくるのですが、知らない電話番号には出ないというところがほとんどです。(この広い世界のどこかには、ちゃんと対応しているところがあるかもしれませんが……)

インターネットが無かった時代には、モノの情報が無いお客様にモノや情報を提供し、繋げてあげることがセールスマンが提供できる「価値」でした。今はGoogle上にあるモノの情報の豊富さに、どんな上手のセールスマンも太刀打ちできません。現代のセールスマンが提供できる価値とは、お客様の生活を豊かにする事です。それぞれ専門的な知識や経験を使い、お客様の生活をどう豊かにできるか考え、豊かにしてあげるのが現代のセールスマンの役目です。お医者さんだってある種のセールスマン。体の調子の悪い人に対し、高い費用で治療をしてあげるお医者さんと、食生活を見直し健康を取り戻す事を勧めるお医者さん(症状にもよりますが!)-後者のお医者さんには断然ファンがつきます。そして重症になったとき、どうしてもお医者さんの治療が必要になった場合、迷わずそのお医者さんに会いにいくことでしょう。

現代セールスマンの営業方法

現代は汚い手でビジネスをすると悪い評判がたちまち広がります。デキるセールスマンの仕事目的は「売り上げ」ではなく「人の役に立つ事」です。お客様の立場に立って、どうすればお客様の生活を豊かにできるだろう、その先にあなたが提供しているサービスやモノがあれば、あなただけにしか切り開けないセールス方法が見つかります。売ろう、売ろうと頑張ることをやめたとき、細かい文法や発音がダメだからと気にする事をやめたとき、人として接しているといつのまにか功績が伸びているものです!

 

http://english.cheerup.jp/article/4251

ビジネス英語のマナー  食事編 支払い

12142

Is this discounted?

割引はされていますか?

*discountには「割り引く」という動詞の用法もあります。ここでは受け身のbe discounted「割り引かれる」という形で使われています

Please charge my room.

支払いは部屋につけてください

*Please bill my room.「私の部屋につけておいてください」と言うこともできます

Is there a smoking area nearby?

この近くに喫煙所はありますか?

Here is 30 dollars in cash.

I’d like to pay the rest by card, please.

これで現金30ドルあります

残りはカードで支払いたいのですが

I’m afraid there’s a mistake in the bill.

金額が間違っています

*I’m afraidは、言いにくいことを続けて言うときなどに、「…だと思うのですが/残念ながら…です」という意味で使われます

Let me speak with the manager.

(ホテルのレストランなどで)店長と話をさせてください

<店用>他にもこんな会話

Would you like to pay together?

お会計はご一緒でよろしいでしょうか?

I’ll get the manager.

マネージャーをお呼びします

Would you like your receipt?

レシートはいかがなさいますか?

Is all together okay?

お会計はご一緒でよろしいですか?

*「一緒でいいです」は、Together, please.と言います。また、もし余裕があったら、It was really good, thanks.「おいしかったです」や、We will come again.「また来ますね」などとひと言添えてあげるといいですね

ビジネス英語のマナー  食事編 会計

12141

会計する

Customer: Excuse me. Check, please.

客 すみません、お会計お願いします

Waiter: I’ll bring it right away.

店 すぐにお持ちします

Customer: 30 dollars in cash, and the rest by credit card, please.

客 30ドルを現金で、残りをカードでお願いします

*cardだけでたいてい「クレジットカード」の意味で通じます。ただ、海外ではdebit card「デビッドカード」も普及しているので、それと区別する場合にはcredit cardと言った方が確実です

Waiter: That’s fine. Sign here, please.

店 かしこまりました。こちらにサインをお願いします

Waiter: Would you like a receipt?

客 領収書をいただけますか?

<客用>他にもこんな会話

Can we pay separately?

別々で支払えますか?

What is this charge for?

この料金は何ですか?

I think we have been charged for something we didn’t order.

頼んでいないものが入っているようです

We cancelled this order.

これはキャンセルしました

We didn’t get correct change.

おつりが違うようです

*We got the wrong change.「お釣りが間違っています」でも間違いではありませんが、「正しい金額ではなかった」とやや婉曲的に伝えた方が角が立ちません

We didn’t get enough change.

おつりが足りないようです

*getをhaveに換えて、We don’t have enough change.「お釣りが足りないようです」と言うこともできます