プレゼンテーション 質疑応答

ダウンロード (11)

質問を受ける

質疑応答に移る
■If you have any questions, I’ll be glad to answer them now.
=ご質問があるようでしたら、喜んでお答えいたします。
■Now I’d be happy to take your questions.
=さあ、ご質問をお受けいたします。
■Please feel free to ask any questions.
=遠慮なく何でも聞いてください。
■(Are there) any questions?
=何でもご質問はありませんか。
■Does anyone have any questions or comments?
=どなたかご質問かご意見のある方はいらっしゃいませんか。
▲このページのトップへ

■Does this answer your question?
=これで答えになりましたか。
■I’m not sure if I understood your question correctly.
=質問の意味がよく分からないのですが。
■Could you repeat your question?
=質問をもう一度お願いできますか。
■Please let me repeat the [your] question for those who didn’t hear it.
=聞き取れなかった方のためにご質問を繰り返させていただきます。
■I’ll check (on that) and get back to you (later).
=(それについては)確認して後ほどお答えいたします。
*check on: …を調べる
*get back to: 人に後で連絡をする

If anyone has any questions, please feel free to ask them.

もしどなたか質問があれば、気軽に聞いてください。

プレゼンテーション終了後に質問があるかどうかを受け付けるなら、この英語フレーズを使って合図をしてあげましょう!

「100%答えられないかもしれないけど頑張る」という姿勢を出したいなら、こっちもオススメ!
I’ll do my best to answer your questions.(みなさんの質問に頑張ってお答えしたいと思います。)

こんな表現も!
I’ll be happy to answer your questions.(喜んで皆様の質問にお答えします。)

Thank you for asking a question.

 

プレゼンテーション まとめる

ダウンロード (11)

プレゼン内容をまとめる
■So, let’s sum up, shall we?
=そろそろまとめに入りましょうか。
*sum up: …を要約する
■Let’s briefly summarize what we’ve looked at [covered].
=これまで見てきたことを簡単にまとめましょう。
*summarize[sʌ́məràiz]: …を要約する
■I’d like to recap what’s been said so far.
=これまでの話をまとめたいと思います。
*recap[rí:kæ̀p]: …の要点を繰り返す; recapitulate の短縮形
■Let me quickly run through the main points.
=要点を急いで振り返っておきます。
*run through: …を繰り返す
■I seem to have run out of time, so I’d like to conclude by saying that …
=終わりの時間が来たようですので、…と述べて話を締めくくりたいと思います。
*run out of: …を使い果たす、…がなくなる
*conclude by doing: …することで話などを終える

That brings us to the end of the final part.

これで最後の部分が終わりました。

セクションごとに分けたプレゼンテーションの最後の部分が終わったら、発表自体ももうすぐ終了です。その終わりを感じさせるために、この英語フレーズを使ってみましょう!

他にもこんな英語表現が!
That concludes my presentation.(これで私の発表が終了しました。)

Just to summarize, let’s quickly look at the main points again.

まとめとして、もう一度手短かにメインポイントを見ていきしょう。

最後に復習をかねて重要なキーワードについてもう一度語るなら、この英語フレーズがピッタリ!聞いている側が「今日って結局何の話だったんだっけ?」とならないためにも、必ずまとめてあげましょう。

プレゼンテーションで次の話題に移る

ダウンロード (2)

Now, let’s move on to the next section.

それでは次のセクションに移りましょう。

1つの話題が終わって次のトピックに移りたい時は、この英語フレーズがとっても便利!”move on”は「先へ進む」という意味の英語です。

「それでは」というニュアンスを出せる”Now”を頭に持ってくれば、何かを仕切り直している様子が伝わります。
Now, I’d like to move on to ○○.(それでは次に○○に移りたいと思います。)

Now, let’s take a look at ○○.(それでは○○を見てみましょう。)

Moving on to the next part, I’d like to present ○○.

次のパートに移りまして、○○を紹介したいと思います。

“moving on to the next part”と文章の頭に言えば、「さて次に移りまして」という繋ぎを表すことができますよ!

話に区切りをつける
■So far, I’ve explained [shown] …
=さて、これまでは…について説明してきました。
*so far: 今までのところ
■That’s all I have to say about…
=…についてお話したいことは以上です。
*all I have to say の構造: have something to say の something が all になったもので、いわゆる have to do(…しなければならない)ではない。
■(Are there) any questions, so far?
■Do you have any questions at this point?
=今までのところで[この時点で]何かご質問はありますか。
■I can answer just a few of your questions now.
=ここで、少しだけご質問にお答えします。