ビジネスビジネス英語や外国人とのコミュニケーションでのタブー

次のようなことが辞めたい英語場面での事柄です。

感情の抑揚がない
英語は、言葉だけで感情を表現する言語ではありません。

いくら言葉で「Great!」と言っても、表情や言葉にそれが現れていなくては嘘だと思われます。

何かを褒める時は目を見開き、ジェスチャーを交え声を1オクターブ高くするぐらいのオーバーアクションを添えて、やっと英語の褒め言葉になるのだと思ってください。

無意味に笑っている
アメリカ人向けに書かれた「日本でのビジネスマナー」の本には「日本人は困惑している時にも笑う」という注意が書かれています。

(何か言わなくては いけないけれど適切な英語が思いつかない)などの理由でニコニコして黙っていることが、どれだけアメリカ人を困らせてきたかよくわかります。

腕組みをする
日本人は考え事をする際、胸の前で腕組みをする習慣があります。

これは、アメリカ人には「敵対の意思表示」と受け止められますので絶対にやめておきましょう。

注意・叱責をする際の注意
外国人の部下に注意や叱責をする場合、その国の文化や習慣を知らないと大きなトラブルの原因になることがよくありますが、アメリカ人の場合はあきらかなミスを指摘して注意している際にも、平気で話の途中で反論をしてきます。

これは決して「自己主張の塊」とか「論理武装」といったことではなく、また反省していないというわけでもなく、「どんなシチュエーションであっても反論すべきことは即時に反論する」というアメリカ人の習慣に従っていることを理解してください。

もちろん、その反論が間違っていれば論理的に説明するべきです。

 

 

GoodとGreat

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-3

GoodとGreat

日本語で「それはグッドアイディアだ」と言えば褒め言葉ですが、英語のGoodは「まあまあだね」というニュアンスなので、It’s a good idea.というのは「悪くないけどたいしたことないアイディアだ」というのと同じです。

同様にThis tastes good.というのも「美味しい」ではなく「まあまあ食べられる」というニュアンスになってしまいます。

「良いアイディア」はgreat ideaを使いましょう。Greatは和訳すると「偉大な」となって大げさに感じられますが、英語ではごく普通の褒め言葉です。

ちなみに「美味しい」はdeliciousで表現します。

ただし、いくらgreatを連発しても、仕草や表情、言葉の勢いが単調ではアメリカ人にはかえって誤解を招きます。

ややオーバーなアクションや表情も英語のうちです。

「いいね!」、「良いです」といった、シンプルなプラスの表現に多用されます。

My daughter’s school is good.⇒私の娘が通っている学校は良いです。
続いては“very good”。

“good”に強調の“very(とても)”を付け加えたものをレベル2としました。

The school facilities are very good.⇒学校の設備がとても良いです。

なでしこ
“very”の代わりに“so”というのもよく聞くよね!
はい、“so good”というケースもありますが、“very good”よりも口語的でカジュアルなニュアンスになるので、使う場面を選びたいですね。

The cafeteria’s food is so good!⇒カフェテリアのご飯がとっても美味しいの!
そして“very good”を超えてレベル3「大変素晴らしい」となるのが“excellent”です。

Her English teacher is excellent.⇒彼女の英語の先生は大変素晴らしいです。
今回は他にもたくさんのレベル3ワードをご紹介しますが、その中でも最もスタンダードでフォーマルにも使えるのが“excellent”になります。

これだけは知っておきたい“great”の注意点
続いてご紹介するのは「素晴らしい」という意味の“great”です。