英語でのビジネスにおける交渉

yjimage (1)

価格交渉
価格交渉はビジネスでもっとも基本的な交渉でしょう。いわゆる価格の「もみあい」の課程は日本でも外国でもだいたい同様です。

・We would like you to consider an offer of $500 per unit.(単価500ドルでご検討いただきたいのですが)

・Could you be a bit more flexible on the price?(その値段はもうちょっとどうにかなりませんか?)

a bit moreは「もう少し」の定型句です。日本語で言う「もうちょっとだけ色をつけてください」といったニュアンスであればa little bit moreという表現も使えます。

「それではぜんぜんお話にならない」というような場合にこの表現を使うと相手に「妥協点は近い」と誤解されてしまうので注意してください。

・We are ready to offer a 10% discount if you order 10,000 units instead of 7,000.(1万個発注していただければ10%値引きさせていただきます)

be ready to~ は「~の準備ができている」ですが、交渉の場では「~してくれれば~します」という相手の譲歩を引き出す際の交換条件を提示する慣用句として使われます。

 

英語でのビジネスにおける交渉

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-3

ビジネスでは「交渉」が非常に重要になります。

日本人と欧米人とではビジネス交渉について考え方にかなり大きな開きがあり、スムーズな交渉を行うためには単純に言語の問題だけでなく、互いの文化や価値観、慣習の違いなどをよく理解しておく必要があります。

ここでは英語表現に絞って交渉の場でよく使われるキーフレーズをご紹介しましょう。

私たちの立場・主張はこうです。
・This is our position.

こちらの立場や事情、言い分を述べるときにこう切り出します。

英語による交渉では日本型の「腹芸」は通用せず、「自分はこうだ」という明確な意思表示をした後に相手の言い分を聞き、そこから歩み寄って妥協点を探すのがスタンダードです。

ちなみにアーミテージ米国務副長官のShow the flagという有名なセリフがありますが、これは「お前はどっちの味方なんだ?」「自分の立場をハッキリさせろ」といった意味があります。

交渉の場であまり自分の立場を保留していると、相手が苛立って同様の指摘をしてくることがよくあります。

会議で必見の英会話術

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-2

要点は?と聞きたいときは次のような表現があります。
Get to the point. (要点を言ってください)

日本の会議では、「要するに何が言いたいのですか」「要点をまとめてください」というような発言は目下の相手に使う場合がほとんどです。

そうでない場合はよほどイライラした時や時間がひっ迫している時ぐらいしかこのようなことは言わないでしょう。

しかし英語の会議では、少しでも話が脇にそれたり冗長だったりするとすぐにこのような指摘が入ります。

ビジネス英語による会議は「結論からスタートする」「主張し、それを裏付ける」という合理性を徹底させましょう。

会議を終了します
I think that covers everything. The meeting is closed.(議題は以上です。会議を終了します)

I’d like to thank you all for coming today.(以上で終了です。皆さん、ご出席ありがとうございました)

I’ll be in touch about the date of the next meeting.(次回の会議の日程は追って連絡します)

be in touchは「連絡を取る」「ご連絡します」という定型句です。