ビジネス英語のマナー  食事編 食べ物

そしていよいよ食事がはじまりまり次は食べ物をオーダーします。

そのような時は次のような表現を使いましょう。

ビジネス英語のマナー  食べ物編

食べ物をオーダーする

Waiter: Are you ready to order?

店 ご注文はお決まりですか?

Customer: Sorry. We need some more time.

客 すみません、もうちょっと待ってください

Customer: We are ready to order.

客 注文お願いします

Waiter: Okay. What would you like?

店 はい。何にいたしますか?

*「何にいたしますか?」という意味で、What can I get for you?もよく使われます

Customer: Excuse me. What is this?

客 すみません、これは何ですか?

Waiter: Baked vegetables with parmesan cheese on top.

店 野菜の上にパルメザンチーズをかけて焼いたものです

Customer: I can’t eat cheese. No cheese, please.

客 チーズが苦手です。チーズ抜きでお願いします

Waiter: There is a small amount of cheese in the tomato sauce.

Is that okay?

店 トマトソースに少しチーズが入っています

それは大丈夫ですか?

Customer: That’s fine.

I’ll have this, too.

客 大丈夫です

(メニューを指さして)それからこれをお願いします

*「大丈夫です」はNo problem.などとも言えます。Is that okay?と聞かれているので、返答はThat’s okay.でももちろん構いません

Waiter: Okay. Will that be all?

店 はい。以上でよろしいでしょうか?

*Will that be all?やIs that all?は「(ご注文は)以上ですか?」と尋ねるときの決まり文句です。Anything else?「他にはよろしいですか?」もよく使われます

Customer: That’s all for now.

客 とりあえず以上です

*for nowで「今のところは/とりあえずは」という意味を付け加えています

Waiter: Okay. It’ll be right out.

店 はい、少々お待ちください

*It will be right out.の直訳は「すぐに(料理が)出てきます」で、「(料理は)すぐに来ますのでお待ちください」というニュアンスで使われるフレーズです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です