ビジネス英会話で大切なこと 外国人と仕事をする場合

今回からはビジネス英会話で大切なことや注意すべき点についてお話します。

外国人と仕事をする場合は、英語を道具として使っていく必要があります。
ビジネスで英語を使う場面はたくさんありますが、その中のいくつかのケースにおいて英語を使う場合の注意事項やビジネスマンが英語を勉強する上で頭に入れておくべき項目を纏めてみました。

電話で英語を使う際の注意事項
電話で英語を使う際の注意事項について管理人の考えを以下に御紹介します。

廻りに人が居ても気にしない
英語を話す事に慣れていない初心者の場合、海外からの電話に出る事が恥ずかしいと思うことがあります。私の場合もそうでした。
英語の勉強を開始する前であったため、英語のリスニング勉強をしていませんでしたから英語のリスニングは自信ありませんでしたし、英語を話すことはもっとできませんでした。
このような状態であった為、取った電話が海外からの電話の場合は受けても上手く話せないので、電話に出る時はいつも恥ずかしく感じていました。
海外からの電話にでるのか嫌でしたので、いつの間にか、あまり電話に出なくなっていました。
しかしながら英語で仕事をしていく場合、英語を使わないわけには行きませんので、英語の電話に出る時もあれば、こちらから電話をかけることもしなければなりませんでした。
このように必要に迫られた為、英語の勉強を開始したのですが、勉強を開始してから少しずつですが自信が付いてくる為、英語の電話に慣れていくことができました。英語に自信がない場合は、まずは普段から英語を聞いたりして英語に触れていると英語に対する恐怖心がだんだんと無くなっていく感じがします。

また英語を話すときは、英文法を気にしないで強い気持を持って話をしてしまえば何とかなるものです。一度、英語を声に出して話してしまえば、そのあとは段々と話す事になれていけると思います。
とにかく廻りの人は気にしないで話すことです。また、英語の勉強を進めていけば自信もついて、話すことが楽になっていくと思います。

お決まりの英語表現は覚えておこう!
職場に海外から電話がかかってきた時に電話に出た後の受け答えは、他の人に電話を取り次ぐ場合など決まった英語表現が使える為、必要な英語表現を覚えておけば英語の電話でも問題なく対応することができます。

『英語の電話応対の仕方』の記事でも御紹介をしているような英語表現を覚えておき、英語の電話がかかってきた時に対応できるように準備しておけば良いと思います。

電話の応対の為の英語表現が十分に覚えられない間は、電話応対の為の英語表現を記載した紙を自分の机の上などにおいておくと、必要なときに確認できるので便利だと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です