ビジネス英会話で大切なこと プレゼン

今回からはビジネス英会話で大切なことや注意すべき点についてお話します。

英語による打合せ時の注意事項でも書きましたが、英語でのプレゼンの際も、なるべく大きな声で話すようにしましょう。
やはり、小さい声で話しをしていると、相手も理解しにくくなりますし、話をしている本人も自信が出てきません。
このためには普段から大きな声で話すようにしておくと良いと思います。私は日本語でプレゼンするときも同様に大きな声で話すようにしています。
説明するためのキーワードをプレゼン資料に含める
プレゼンの際はプレゼン資料としてパワーポイントを使って説明することが多いと思います。
プレゼン前に十分な準備時間があれば、プレゼン時の英文全文を予め考えておくことができると思いますが、資料を準備するだけの時間しかなく、英文まで考える時間がない場合がかなりあると思います。
私の場合は日本を出発する前にプレゼン資料を準備する時間がなく、ホテルに到着後、徹夜してプレゼン資料を作ることが結構ありました。
私としては、全ての説明文章を事前に考えておき、本番前に少しプレゼン練習をしておきたいと考えたりするのですが、なかなか思い通りに準備ができたことがありません。
従ってプレゼン資料を作る際には、資料の中に説明の為のキーワードなどを確実に含めるようにして、どのように説明を行うかを考えながら資料を作るようにしていました。
そして資料ができたところで各ページの内容を確認して、何を説明するか再確認を行います。

このように資料を作っておけば、プレゼンを進めていく時にプレゼン資料に書いてあることを見て説明をすることができます。
しかし、このように説明するには、ある程度の語彙力と英語表現が身についている必要があると思います。

プレゼンのための勉強で一番良い方法は、他の人が行う英語のプレゼン内容を良く聞くことです。他の人が英語でプレゼンをする機会がある場合は、その人の説明の仕方を良く聞いて、プレゼンの中で使われる英語表現を自分のものにしてしまうのが良いと思います。
私は他の人のプレゼン時の表現や打合せ時の表現を覚えて、自分でも使うようにしています。
また、ICレコーダーでプレゼン内容を録音して後でじっくり聞くのも良い勉強になると思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です