プレゼンテーションの注意点 基本・コツ・注意

 

プレゼンに関する基本・コツ・注意
受け身の表現を避ける
主語は、I、we、youで話すと話しやすいです。
例:An experiment was performed.→We performed an experiment.
Iとweの区別
学生で指導され実験した場合や共同研究の場合は、weとなります。
英語の発音が悪くても気にしない
多少悪くても通じます。それよりも恥ずかしがって、小さい声や早口で、聞こえない方が印象が悪いです。
本番中頭が真っ白になったときは、スライドに書いている言葉をひたすら読む
もしくは発表原稿を見返してください。次の言葉が出ずに何も話さないまま、終了するよりましです。
要点を先に、説明は後
例:We performed these experiments in cats. (←要点) We tried similar experiments also in mice and in rats, but only the experiments in cats were successful.(←説明)
「えーと・・・」は言わない
詰まった時などは言ってしまいがちです。スラスラ言えるまで練習しよう。
自信を持って話す
英語の事は気にせず、自信を持って話してください。自信なさげな発表は聞き手も不安になります。
正面を向いて発表する
英語を読むため、スクリーンを向いて発表しがちになるので注意してください。
姿勢を正す
姿勢がいいだけで良い印象です。
大事なところは強調
強調したいところは、ゆっくり、大きな声で話しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です