プレゼンテーションの作り方やポイント

英語でプレゼンテーションをするなら次のようなスライドづくりが大切です。

プレゼンテーションの内容の理解を促す上でとても大切な手続きが、プレゼン全体の構造を伝える作業です。

簡単に言えば、「目次」のことです。英語では、Outline(アウトライン)、Agenda(アジェンダ)などの表現があります。

アウトラインでは、具体的な中味に入る準備段階として、何をどんな順番で説明するかを伝えましょう。聴衆に、後に続く内容を理解してもらう上でとても有益です。言わば、後に続くメッセージの入れ物を聴衆に提供する作業です。

目次(アウトライン)のスライドを見せる時の第一声

“Let me show you the agenda of this presentation.”

.アウトラインのアウトラインを説明

必要に応じて、アウトラインのアウトラインの紹介も加えましょう。

“My presentation is divided into five parts.”

“This presentation has three parts.”

“My talk today will have five parts.”

項目の表現としては、上記のpartsのほかにも、

sections、segments、 topics なども使えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です