プレゼンテーションの作り方やポイント

アウトラインの各項目を伝える

スライドに項目は書かれているものの、全部声に出して伝えた方が親切です。

“First, I will introduce the issues.”

“Then, the causes.”

“Followed by presentation of my solutions and actual examples.”

“Lastly, I will conclude with a summary.”

上の例は、目次が5項目の場合です。3行目の「Followed by …」で、2項目紹介しています。

もし、項目が7つある場合は、例えば、

“I will start with ~ first.”

“Then I will ~ .”

“Thirdly I will ~ .”

“Then I will ~ .”

“After that, I will ~ and ~ .”

“And lastly, I will conclude with ~”

のような説明をします。

紹介の表現としては、上記の I will introduceに加え、

“I will mention ~”

“I will touch on ~”

“I will speak about ~”

“I will describe ~”

“I will talk about ~”

などがあります。

4.アウトライン・スライドのサンプル

最後に、アウトライン・スライドのサンプルを掲載します。

「コミュニケーションの重要性」についてのプレゼンの目次です。

【英語でプレゼン】アウトライン・スライドのサンプル

以上、英語でプレゼンする際の「目次(アウトライン)」の伝え方についてご紹介しました。

by 高杉尚孝(たかすぎひさたか)

高杉事務所へのお問い合わせはtakasugisoken.comへ

今日の内容の動画解説はこちら

「目次(アウトライン)で全体の構造を伝える」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です