ビジネス英語 表現

意志の有無(きつい表現とやわらかい表現):

英語表現の考え方を理解する際、主体となる人の意志の有無という考え方が参考になります。例えば、see と look の違いもこの積極性の違いから生まれます。I can see you from here. は「見える」の意味で積極的意志はないのに「見える」という意味になります。それに対して Look at that. は「あれを見ろ」の意味で、あれに注意を向けろ、という意味が含まれます。このような考え方が他の表現の中にもあります。

例えば「私達はそれを断ります。」などと言う場合も、
例:We refuse your offer. ←「断ります。」という意志が表現されています。
例:We will have to refuse your offer because our budget is limited. ←「断ることはやむを得ない」という意味で私達の意志とは関係のないところに原因があるというニュアンスになっています。

などのような表現が考えられます。どちらがきつい表現か考えてみて下さい。状況によってもどのような表現が適切かは異なりますが、特にきつい表現が必要ない場合は使わないほうが良いでしょう。

例:We will have to take legal action unless we receive the payment by October 15th.
このように法的手段に訴えなくてはならないのは、私達の意志ではありません。という表現を使うことも良くあります。

例: We will close the factory.
→「私達は工場を閉鎖します。」一方的に通告する感じです。
例: We would like to close the factory.
→「私達は工場を閉鎖したいです。」、「~したい」という表現は相手の反応を待つ感じがあります。もう閉鎖することが決まっていて議論の余地がないならこの表現は避けるほうが良いです。
例: Unfortunately, we will have to close the factory.
→「残念ながら、私達は工場を閉鎖しなくてはならなくなるでしょう。」柔らかい表現ですが、工場を閉鎖するのはやむを得ないという感じになります。

良い表現をしたからと言って相手の理解が得られるとは限りませんが、必要以上に相手の反感を買うことはさけるべきです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です