ビジネス英会話でのタブー

ビジネス英会話でのタブーとして次のようなことがありま

ファーストネームについて
「アメリカでは初対面の目上の人でもファーストネームで呼ぶ」と誤解している人がいますが、これは西海岸だけの俗習です。

ビジネスシーンでは、必ずMr. あるいはMs、そして博士号を持つ人は医師でなく工学博士や理学博士でも必ずDr.をつけて呼びかけます。

年齢を聞く
日本を含むアジア諸国は「長幼の序」を重視しており、肩書きの他に年齢の序列があるわけですが、アメリカでは男性・女性の別なく相手の年齢をビジネスシーンで聞くのはタブーになっています。

ちなみにアメリカでは履歴書に年齢や性別は書きません。

また採用側が採用候補者に年齢や性別を聞くのは法律で禁じられています。

「その仕事が勤まる能力があれば年齢や性別は関係ない」というのが原則だからです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です