会議で必見の英会話術

要点は?と聞きたいときは次のような表現があります。
Get to the point. (要点を言ってください)

日本の会議では、「要するに何が言いたいのですか」「要点をまとめてください」というような発言は目下の相手に使う場合がほとんどです。

そうでない場合はよほどイライラした時や時間がひっ迫している時ぐらいしかこのようなことは言わないでしょう。

しかし英語の会議では、少しでも話が脇にそれたり冗長だったりするとすぐにこのような指摘が入ります。

ビジネス英語による会議は「結論からスタートする」「主張し、それを裏付ける」という合理性を徹底させましょう。

会議を終了します
I think that covers everything. The meeting is closed.(議題は以上です。会議を終了します)

I’d like to thank you all for coming today.(以上で終了です。皆さん、ご出席ありがとうございました)

I’ll be in touch about the date of the next meeting.(次回の会議の日程は追って連絡します)

be in touchは「連絡を取る」「ご連絡します」という定型句です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です