英語でのビジネスにおける交渉

なんとかします
・I don’t see why not. (出来なくはない→なんとかしましょう)

この表現は、「容易ではないけれどあなたの条件を飲みましょう」というニュアンスで使う肯定の意思表示です。

「たぶん何とかなると思います」といっ た無責任な意味ではなく、こう言った後に「本社に問い合わせたらやっぱりダメでした」というようなことでは交渉は決裂すると思ってください。

こういったシーンでの慣用句ですから覚えておくと便利かもしれません。

・We can definitely work out a good per-unit price.(ご満足いただける単価の提示をお約束しますよ)

definitelyはビジネス英語は「確実に=確約する」という重要な意味を持っています。

ただしここではgood per-unit price.(満足できる単価)をwork out(算出)する、つまりはじき出すということしか約束していない点に注目しましょう。

なんら具体的な期日や数字をdefinitelyしてはいません。これが「交渉」です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です