面接での志望動機 外資系企業で

Good morning!
ビジネス英語ではGood morningやGood afternoon、Good eveningを使います。HelloやHiは一般的ではあってもビジネスの場にふさわしくありません。

自己紹介では積極的に売り込む
自分の経歴や成功体験、能力や実績を自己紹介する場合、日本では謙遜するのが一般的ですが、英語では誇りを持って堂々と述べることが大切です。誇大 表現はいけませんが、簡潔明瞭に自信をアピールする必要があります。レジュメに記載していることでも、面接者は「どの程度自信があるのか、自分の口で自己 紹介させてみよう」と考えることが多いようです。

Why do you want this job?
「なぜこの仕事がしたいのか?」「なぜ当社で働きたいのか?」という質問は日本でも必ずされますが、Why do you want this job?やWhy do you want to work in us?という質問にはどう答えるべきでしょうか。

Actually, I have three reasons. Firstly,~

Secondly,~

Finally,~

最初に「なぜなら3つの(いくつかの)理由がある」という宣言をしてから、「まず最初に…」「第2に…」「最後に…」「だから私はこの 仕事がしたい」という明確な結論に帰納しなくてはなりません。面接官は理由だけでなくあなたの「論理的思考」をチェックしています。理由は3つとは限りま せんが、3つ程度が適切でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です