面接 この会社でやりたいことという質問への答え

この会社でやりたいことは?
一般的な日本企業の面接では、「あなたは当社でどんな仕事をしたいですか?」という質問が必ずありますが、実はアメリカや日本の外資系企業ではあまりこうした質問は一般的ではありません。(ただし後述するような違う形の質問で、結局は同じことを答えることになります)

なお、明確なビジネスプランやビジョン、アイディアがある人はレジュメを提出する際にプランニングシートとして添付しておいた方が確実に検討してもらえます。面接の際にはそれを簡潔かつ魅力的に補足説明しましょう。

なんで雇わなきゃなんないの?
アメリカの企業や日本の外資系企業の採用面接で一番ポピュラーな質問は、

・Why should we hire you?

というものです。

直訳すると「なんであなたを雇わなきゃならないの?」です。

もし日本企業の新卒の面接で面接官からいきなりこう言われたら、泣いて帰ってしまう学生もいるかもしれません。しかしビジネス英語ではこうしたズケズケとした表現がむしろ一般的です。

これを意訳すると「あなたを雇うことによって、当社にどのようなメリットがあるのか説明してください=自己PRをどうぞ」ということです。「論理的に説明できる」ということがポイントですから、ひるまず対応しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です