ビジネス英語のマナー

言葉を選びましょう
「わかりません」は英語で何というでしょうか。

“I don’t know“が一般的でしょうが、ビジネス英語でこれを安易に使うのは非常に危険です。

“I don’t know“には、「わかりません」の他に「考えるつもりはありません」「興味がありません」「どうでもいいでしょう」というニュアンスがあります。

飛び込み営業に来た人に対して「担当者はいません」「いつ戻られますか?」「I don’t know」と言えば「お引き取りください」という断りの意味です。

しかし大事な取引先に「ミスター田中と会いたい。彼は何時に戻るのかね?」といわれて、「I don’t know」と答えたら相手はカンカンに怒るでしょう。「I’m not sure」あたりが適切です。

省略形は失礼
「I’d like to~」「I Won’t~」「I’m~」など、英語ではよく「’」による省略形を使います。しかし口語ならともかく、公式な文章でこのような省略形は相手を軽んじていることになります。ビジネス英語では「I would like to」「I will not」「I am」と正式の表現を使いましよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です