ビジネス英語のマナー  食事

ビジネスの場面での食事やパーティーのお話の続きです。

服装・食事マナーに注意が必要ですよね。

食事ビジネスシーンでは、第一印象も重要なものです。

身だしなみや服装に気を使い、第1印象を良くしましょうね!

そして大切なのは清潔感があり、動きやすい服装であることです。

スーツは、体にフィットするものが良いですね。

シャツはスーツの袖丈から、1cmほど出ているくらいがちょうど良いです

ですね!

スーツが汚れていたり、シミやシワがあったり、くたびれて

いるものはNGです。

各シーズンごとに2着づつぐらいあるといいですね。

これらを着まわして使いましょう。

逆にいろいろなスーツをおしゃれに着こなす必要はそれほどありません。

清潔感があれば十分です。

ズボンは折り目がついていて、裾が靴を少し隠す程度が良いです。

女性の場合は、スーツのほか、オーソドックスなジャケットとスカート

またはパンツスタイルでもよいでしょう。

スカートは膝丈くらいがちょうど良いです。

スーツやズボンのポケットには、あまり大きなものを詰め込まない方が

マナーです。

ワイシャツは、そで口や襟元が汚れていないかチェックし、アイロンが

けをしてシワが無いように気をつけましょう。

色は白か淡色系の無地または線の細いストライブが清潔感が

ありオススメです。

ネクタイを締める際は、ゆがみやネジレ、結び目をに気を使いましょう。

海外のビジネスシーンではネクタイはそれほど一般的でないことが

多いです。

とてもフォーマルな場合は別ですが。

赤系のネクタイは、行動的なイメージがあり、青系のネクタイは知的なイ

メージがあります。

ビジネスシーンに合わせてネクタイを変え、自分のイメージを変えて

みるのも良いでしょう。

靴は濃いめの茶、紺、グレーが無難です。

汚れや型崩れがないかといった点に気をつけましょう。

女性はローヒールの疲れにくいものが良いです。

靴下は、紺か黒が無難です。白やスポーツ系のソックスはNGです。

また穴があいていないかチェックしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です