ビジネス英語のマナー  食事

次はテーブルマナーについてです。

ビジネス英語のマナーについてです。

外国のレストランでお食事をする時に大切なのはメニュー

を理解することだけではないんですよ。

正しいテーブルマナーや発言や、行動も同じぐらい大切な

ポイントです。

何と言えばいいのか、どう振舞えばいいのかという両方が必要です。

使えるテーブルマナー英語などをご紹介します。

Saying Graceとは、家庭によって食前に食べ物への感謝の祈りです。

そのことの直前にするお祈りですが、主に食事の前に比較的短時間行って神に感謝することです

「食前のお祈り」日本でいえば、いただきますにあたります。

A grace is a short prayer or thankful phrase said before or after eating. The term most commonly refers to Christian traditions. Some traditions hold that grace and thanksgiving imparts a blessing which sanctifies the meal. In English, reciting such a prayer is sometimes referred to as “saying grace”.

A prayer of Grace is said by the head of the house although an honored guest may be asked to say Grace by prior arrangement. Under no circumstances should someone spontaneously say Grace, especially a guest, as it would be considered disrespectful. This is similar to the etiquette of a dinner party toast, in which the host is expected to give the toast. The prayer of Grace is often said to be an act of offering thanks to God for granting humans dominion over the earth, and the right and ability to sacrifice the lives of divine creations for sustenance; this thanks is the “saying of Grace” prior to eating of every meal.

さて、これはいわゆる宗教的な習慣です。

もしお祈りが始まったら、頭を下げてお祈りに対して敬意を示しながら、お祈りが終わるのを待ちましょう。家族の一人がsay Graceと言うと、全員がそれに続いて‘Amen’と一緒に言います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です