ビジネス英語のマナー  食事

images (1)

ビジネスの場面で生活をしていると、パーティーや会食などの機会

は多々あるでしょう。

日本では飲み会が交友関係の幅を広げる場であるように、欧米では

パーティーが新しい交友関係を作る場といえます。

ビジネスの場面でも食事やパーティーは交流を深める良い機会です。

特にビジネスはなれて、パーティーが友人を作る絶好のチャンスと

なることもあります。

その一方で、パーティーを苦手とする日本人は多いです。

そこで今回は、海外でのパーティーをそつなく乗り切る術を紹介する。

日本人の多くは自分一人という状況でパーティーに参加すると、

どうしても尻込みしてしまう。その理由の一つは、英語で初対面の

人たちと会話を続けることが非常に難しいためだ。

これは、単純に英語力が不足しているからではなく、異国の地で

は外国人である私たちが、初対面の人たちと共通の話題をみつけ、

会話を展開させていくことが難しいからです。

そこへ追い打ちを掛けるように、自分の英語力への自信のなさもあり、

私は英語が苦手なのでと言い訳をして、絶好のチャンスをのがしてしまう

かもしれません。

ビジネス英語のマナー 初対面

yjimage (4)

初対面の挨拶でイギリス人との挨拶についての話の続きです。

そしてもうひとつ実際的な話としては、イギリス人は批判的な話ぶりがすきです(笑)。

どちらかというと、天気がよくてよいですね、というよりは

お互いに文句を言い合うようなテーマが好きです。

 

例えば、天気が悪くて辟易するとか、雨にうんざりしている、変わりやすい天気で

やってられない、のようなすこし批判的な皮肉っぽい話しぶりなのがイギリス人の特徴です。

今日は天気がよくて気持ちがはれるねというのがアメリカ人なら、ほんと天気がわるくていやだね

というのがイギリス式です。

 

あるいはほかにも同じような話題の選びかたがあります。

例えば電車の遅延などです。

ほんとうにまともにきたことないねと知らない人同士が言い合っていることがあります。

イギリス人は、文句を言い合う、皮肉をいって共通の話題をつくるような習慣があります。

イリス人に話しかけた場合、勿論丁寧に答えてくれる事は多いです。

でもアメリカ人のようにフレンドリーでないことや、話題もできれば個人的な話題はさけること、

また身振り手振りはアメリカ人ほどおおきくありません。

それから、すきな話題は天気と皮肉です(笑)。

 

ビジネス英語のマナー 初対面

yjimage (3)

 

初対面の挨拶でイギリス人との挨拶についての話の続きです。

アメリカ人はシャイな国民性ではないので、あまり親しくない人や初対面の人であって

も会話を始める為のきっかけや理由は必要ありません。

わりと話題が唐突であっても問題ないかもしれません。

しかしイギリス人はプライバシーを大切にします。

家族の話などはあまり初対面では適した話でない場合が多いです。

相手に迷惑をかけないようにするという事がマナーになっているために、はじめて会う人

には少しだけ距離をおいてコミュニケーションする事があります。

人によっては少しドライ、冷たい、親しみがないとかんじるかもしれません。

 

イギリス人にとっては、知らない人に対していきなり話しかける事は少し

恥ずかしい行為なので、初対面の人や知らない人、あまり親しくない人と話

を始める時には何か理由が必要です。

そしてイギリス人は天気の話が好きという噂があります。

これはビジネスにおいてはともかく、ある程度本当です。

好きというよりは、一番無難な話なので、もし困ったら天気の話をしようという具合です。

場をつなぐ溜めの話題としては、家族やどこに住んでいるか、年齢などの話はできれば避けたいです。

あるいは話の切り出しとして天気の話はベストです。

 

やっぱりイギリスは雨が多いときいていましたが、本当ですねというような話であればどのようなかたにも

受け入れられやすいといえます。

 

便利なテーマになる事から、スモールトークのテーマとして使われている事が多いです。
(実際にイギリスは天気が悪い日が多いので、確かに天気の話をする事は多いですけどね(笑)。

そしてイギリス人は、お互いに文句を言い合えるテーマも良い話のきっかけになります。例えば悪い天気についてや、電車の遅延などについてがそうです。以上の事から、イギリス人に話しかけた場合、勿論丁寧に答えてくれる事は多いですが、アメリカ人ほどお喋りではない。といった感じが正しい言い方なのかもしれませんね^^

アメリカのポジティブなマナーとイギリスの遠慮がちなマナーは両国を比べた上で最も異なる点だと思いますが、これ以外にも、アメリカ人とイギリス人の「建前に関する違い」もあります。

アメリカ人も勿論、国民全員がフレンドリーな性格というわけではありませんが、アメリカにおいてフレンドリーで積極的に話す事は最も良いマナーとされています。逆に大人しい性格、フレンドリーではない性格は変わった性格だと思われてしまいます。

そしてイギリス人も勿論、国民全員が大人しい性格というわけではありません。しかしイギリスにおいては、アメリカよりも他人に対して少し遠慮するくらいのコミュニケーションの取り方の方が良いマナーとされています。勿論、例外の人もいますが、一般的にこのようなマナーの違い、コミュニケーションの違いがあります。

ビジネス英語のマナー 初対面

yjimage (2)

そしてもしかすると海外でもアメリカ以外の国の方とあいさつすることもあるでしょう。

たとえばイギリス人との挨拶についてです。

まずイギリス人との挨拶について話すには、イギリス人の国民性を知る必要があるかもしれません。

 

アメリカ人は新しい人に会うときに、とてもポジティブでフレンドリーな挨拶や自己紹介をします。

アメリカ人はどちらかというと、フレンドリーでカジュアルなのに対して、

イギリス人は少し堅苦しい雰囲気になんじるかもしれません。

アメリカでは、知らない人に直接に話しかけても大丈夫というカルチャーですが、

イギリス人はそうではありません。

あまり初対面でフレンドリーになりすぎるとなれなれしいと思われてしまうかもしれません。

アメリカ人は表現もダイレクトで分かりやすい表現が多いですが、

イギリス人の表現は遠回しな表現が多いです。

そしてもし言いたい事があったら、直ぐにその場で話すようにする事が一般的です。

 

そして新しい友達と話す時には、色々なストーリーやスモールトークを交換する習

慣がありますがアメリカではプライベートな話はあまりタブーではありませんね!

そのため表現だけではなく話題選びでも、国によって違いがでてきますので注意しましょう!

ビジネス英語のマナー 初対面

yjimage (1)

さて今回からはビジネス場面の初対面でのマナーをいくつかご紹介します。

まずは握手や最初のリアクションの続きです。

また、握手をしながら「Pleased to meet you.」や「Nice to meet you.」

などの言葉をそえて握手をするとさらに効果的です。

お会いできて光栄ですなどの意味があります。

これができれば初対面のビジネスマナーは合格といえるでしょう!

映画やドラマのような「ハグ」や「両頬へのキス」は、アメリカ

のビジネスシーンではほとんど行われませんので注意しましょうね!

 

特に、初対面の異性に対してハ」や両頬へのキスをすると、相手が不

快に感じることもあるので、注意してください。

 

ビジネス英語のマナー 初対面

yjimage

さて今回からはビジネス場面の初対面でのマナーをいくつかご紹介します。

まずは握手や最初のリアクションの続きです。

 

そして握手のマナーの続編です。

英語圏の取引先相手と初めて会うのですが、挨拶のあと、どのように握手

をすればいいのか悩むこともあります。

親近感を持ってもらえるようにと考えているのですが、握手の仕方として、ビジネスマナー

として控えたほうがよいこともあります。

肩書などについて、

欧米の取引先との初対面では、相手の目を見て(アイ・コンタクト)、微笑みなが

ら右手で握手を交わします。

それから、名刺交換を行うのが一般的です。ただ、英語圏出身の方でも日本で長くビ

ジネスをしている方はまず名刺交換をして握手をする方もいます。

このような場合は自分から握手を求るのを控えましょ。

相手が自分の肩書きよりも上となる場合、また相手が女性の場合には、自

分からは握手を求めてはいけません。相手が手を差し伸べてきたら、そこで握

手を交わして挨拶をします。

そして握手の強さは、握力テスト並に力強く握るのは厳禁です!

基本は、弱すぎず強すぎずがベターだと思います。握手の強さが弱すぎるとやる気

がなく頼りない印象を、握り方が強すぎると攻撃的な印象を相手に与えることになるからです。

一番無難なのは相手が握ってくる力にあわせること。ただ、女性が相手の場合には少し軽めに握るようにしましょう。

ビジネス英語のマナー 初対面

top1

さて今回からはビジネス場面の初対面でのマナーをいくつかご紹介します。

まずは握手や最初のリアクションからです。

一番初めてに誰かに合った場合、まず最初にすることが日本なら握手ではないでしょうか。

あるいはおじぎということもありますが、

これは海外では必須ではありません。

もちろん、お辞儀をしたからといってマイナスポイントにはなりませんが、

必ずしも相手の文化では一般的ではないので、

あまり伝わらないかもしれません。

そこでかわりとなるのが握手です。

握手は日本でもビジネス場面で必須ですが、海外ではさらに多いです。

また少し親しいビジネス仲間なら軽くハグのような感じもあるかもしれません。

トントンと肩や腕などをたたき合ったりする程度の接触ですが、

ビジネスでも決して珍しくはありません。

握手は固くかわすのですが、両手ではなく片手が一般的です。

タイミングとしては、まず最初の名前や会社名を名乗るときがベストタイミングです。

差し出すのは自分の方からでも失礼にあたりませんが、

日本人はつい後手の場合が多いです。

肩書なども考慮して差し出すのが良いでしょう!

 

ビジネス英語のマナー

global business image on white background

ビジネス英語で大切なヒントをご紹介していいきます。

ビジネスシーンで初対面での挨拶は、第一印象に大きく繋がります!
英語でそつなく挨拶ができるようになっていたいですよね。
英語で挨拶をするポイントは抑えておきましょう。
挨拶の英語表現も重要です。

ビジネス英語で最初に覚えておきたいのは、「挨拶」です。
日本人どうしても初対面は緊張しますよね。
慣れない英語となると、振る舞い方もどうしたら良いんだ??となってしまいます。

そしてビジネス英語で大切なのは同時に態度やマナーです。

まずはそのような基本姿勢についていくつかご紹介していきたいとおもいます!