ビジネス英語のマナー 初対面

yjimage

さて今回からはビジネス場面の初対面でのマナーをいくつかご紹介します。

まずは握手や最初のリアクションの続きです。

 

そして握手のマナーの続編です。

英語圏の取引先相手と初めて会うのですが、挨拶のあと、どのように握手

をすればいいのか悩むこともあります。

親近感を持ってもらえるようにと考えているのですが、握手の仕方として、ビジネスマナー

として控えたほうがよいこともあります。

肩書などについて、

欧米の取引先との初対面では、相手の目を見て(アイ・コンタクト)、微笑みなが

ら右手で握手を交わします。

それから、名刺交換を行うのが一般的です。ただ、英語圏出身の方でも日本で長くビ

ジネスをしている方はまず名刺交換をして握手をする方もいます。

このような場合は自分から握手を求るのを控えましょ。

相手が自分の肩書きよりも上となる場合、また相手が女性の場合には、自

分からは握手を求めてはいけません。相手が手を差し伸べてきたら、そこで握

手を交わして挨拶をします。

そして握手の強さは、握力テスト並に力強く握るのは厳禁です!

基本は、弱すぎず強すぎずがベターだと思います。握手の強さが弱すぎるとやる気

がなく頼りない印象を、握り方が強すぎると攻撃的な印象を相手に与えることになるからです。

一番無難なのは相手が握ってくる力にあわせること。ただ、女性が相手の場合には少し軽めに握るようにしましょう。

ビジネス英語のマナー 初対面

top1

さて今回からはビジネス場面の初対面でのマナーをいくつかご紹介します。

まずは握手や最初のリアクションからです。

一番初めてに誰かに合った場合、まず最初にすることが日本なら握手ではないでしょうか。

あるいはおじぎということもありますが、

これは海外では必須ではありません。

もちろん、お辞儀をしたからといってマイナスポイントにはなりませんが、

必ずしも相手の文化では一般的ではないので、

あまり伝わらないかもしれません。

そこでかわりとなるのが握手です。

握手は日本でもビジネス場面で必須ですが、海外ではさらに多いです。

また少し親しいビジネス仲間なら軽くハグのような感じもあるかもしれません。

トントンと肩や腕などをたたき合ったりする程度の接触ですが、

ビジネスでも決して珍しくはありません。

握手は固くかわすのですが、両手ではなく片手が一般的です。

タイミングとしては、まず最初の名前や会社名を名乗るときがベストタイミングです。

差し出すのは自分の方からでも失礼にあたりませんが、

日本人はつい後手の場合が多いです。

肩書なども考慮して差し出すのが良いでしょう!

 

ビジネス英語のマナー

global business image on white background

ビジネス英語で大切なヒントをご紹介していいきます。

ビジネスシーンで初対面での挨拶は、第一印象に大きく繋がります!
英語でそつなく挨拶ができるようになっていたいですよね。
英語で挨拶をするポイントは抑えておきましょう。
挨拶の英語表現も重要です。

ビジネス英語で最初に覚えておきたいのは、「挨拶」です。
日本人どうしても初対面は緊張しますよね。
慣れない英語となると、振る舞い方もどうしたら良いんだ??となってしまいます。

そしてビジネス英語で大切なのは同時に態度やマナーです。

まずはそのような基本姿勢についていくつかご紹介していきたいとおもいます!